税務調査対策

相続税を納付したとしても、全員ではありませんが税務調査が必要なケースがあります。この税務調査とはどのようなものなのかというと、税務署の担当者が申告漏れの疑いがある所に直接出向いて行う調査です。もちろん申告漏れがあれば追徴課税といってさらに税金を納めなければいけません。

税務調査税務調査は、年に何件と決まっていませんが、ここ数年の税務調査をチェックすると、相続税を申告した件数のおよそ30パーセントの割合で行われるようになっています。相続した方の3件に対して1件の割合で税務調査が起こっているので、かなり高確率で税務調査が実施されています。

税務調査が行われる所を選ぶ基準は、やはり追徴課税を取れそうな所を選んでいます。つまり、提出した相続税申告書の出来などが直接的に関係してくるという事です。実はこの相続税申告書というものが厄介なもので、もちろん個人で作成する事ができますが、非常に細かく複雑な部分が多くあります。そのため、どうしても不備が出やすくなっており、仮に提出できたとしても税務署の担当者から疑われやすい部分になってきます。専門の税理士であればそういった事を理解して作成してくれるので、税務調査を効果的に避ける事ができるのです。